内祝いにおいてのカタログギフトを贈るメリットデメリットとは


内祝いで贈るカタログギフトのメリット

内祝いを贈る際は結婚式後や出産後など慌ただしいことが多く、ゆっくり商品を選べない状況にあります。そんな中、相手の欲しいものをリサーチする時間を捻出するのは難しいでしょう。そういった時にでも、贈った相手が自由に選ぶことができるカタログギフトは重宝します。内祝いには、お祝いをもらってからいつまでにお返しをするといったルールもあるため、複数の人に贈る際はまとめて手配出来るので贈り漏れがないメリットもあります。しかし、内祝いは感謝の気持ちを込めてお礼をするものなので、その気持ちが伝わるように手紙を添えるなどの配慮は必要です。

内祝いで贈るカタログギフトのデメリット

内祝いは喜ばしいことがあったときに、お祝いの気持ちを分かち合うために贈るものです。最近では、お祝いをいただいてからのお返しの要素が強くなっています。喜ばしいことを分かち合うことと感謝の気持ちがこもったお礼を贈る観点からすると、カタログギフトは形式的で義務的な印象を与えてしまうかもしれません。こちらが相手の好きなものを選んで欲しい気持ちを込めていたとしても、何かしら手紙を添えない限りその趣旨は伝わりにくいでしょう。

相手の欲しいものは何なのかを考えて贈った物には想いがこもっていて、その想いは相手に伝わりやすいものです。なぜなら、自分のことを考えて選んでくれた時間が、嬉しい気持ちに繋がるからです。カタログギフトを贈りたい場合は、相手の好みに合った商品が取り揃えてあるものを選んだり、感謝の気持ちを込めた手紙を添えると良いでしょう。

内祝いとは身内の中で結婚や妊娠などのおめでたいことがあった際に親戚やお世話になった人に贈り物をすることです。現代では周囲からいただいたお祝いのお返しとして贈り物をすることが多いです。